スキなことで人生を埋め尽くす、まえかわのプロフィール

スキのアーカイブ

これまで好きなこと、やりたいことをやってきました

学校は行かず不登校になる

大学に入ったと思えば研究室に引きこもる極端っぷり

そんなボクの人生が詰まったプロフィールです。

名前:まえかわ
性別:おとこ
住処:埼玉
年齢:26歳
仕事:東京のど真ん中でやってます。必要だけどニッチな仕事です
趣味:パソコン、YouTube視聴、ブログ、ドライブ、プログラミング、サバゲー
好きな言葉:なにがしたいですか?

なんで勉強しなきゃいけないの?ボクのとった行動

小学4年生の夏休み、ふと疑問に思うことがあった。

 

なぜ、学校に行かなきゃいけないのか?

なぜ、勉強しなきゃいけないのか?

 

ボクがとった行動は、「学校に行かない」いわゆる不登校である。

 

自分でいうのもあれだが、これまで優等生だったボクは悩みました。

母には「学校に行きなさい」と言われ、悪い気もした。

 

ボクはイジメを受けていて、不登校になったわけではない。

 

だからこそ、「学校に行く意味」を教えて欲しかった。

教えてくれる人はだれもおらず、「学校に行け」という人ばかり。

 

反発したボクは意固地になって、さらに学校に行くことを拒んだ

 

学校に行かなくてよくなったボクは、自由に遊びまわった。

カード集め、野球、ラジコン、アニメ視聴、1000ピースパズル、ゲーム・・・etc

これらをやる毎日

 

最初は楽しく夢中で遊びまくった

学校に行っていないから24時間全部使いたい放題だ。

いつ起きても、いつ寝ても、フリーダム!

 

だけど、やっぱり「これでいいのか?」って頭のすみで考えてしまう。

 

 

いつ遊ぶにしても一人

 

 

不登校になって大きかったのは、「友達」が減ったことです。

だけど、不登校になっても気にかけてくれる子がいました。

この子とは高校生、大学生、社会人になっても付き合いがあり、結婚式にも招待してもらいました。

「友達」は減りましたが、初めて「親友」ができました。

 

人見知りだったボクが友達を作れた一つの言葉

ボクは人見知りです。

中学までは地元の公立の学校で、クラス全員が保育園から一緒でしたが、

高校にあがったとたん誰一人として知らない環境になりました。

 

友達ができるのか?

楽しい学校生活が送れるのか?

 

これまで友達を作るということをしたことないボクは、めちゃくちゃ不安を抱えながら高校に通いました。

入学すぐは、案の定友達はできませんでした。

 

 

なぜ友達ができなかったのか?

 

答えは明白

自分から友達を作りにいかなかった

 

ボクは話を切り出すのが苦手だ

なにを話していいのかすらわからない

 

だけど、クラスメイトの一人が健康診断のときに聞いてきた一言

 

おまえ、女の子と付き合ったことあるか?

 

女の子と付き合ったことのないボクはおどおどしながら「ないよ」と答えた

男子高校生はこんな言葉から友達関係ができあがる

こうしてボクは高校に入学してはじめて友達ができた

 

楽しいキャンパスライフを夢見て入った大学で奴隷生活を送る

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございます

 


モバイルファーストなWPテーマ