やぎまじで学んだ好き勝手に生きる方法

SPONSORED LINK

9月10日、渋谷にある森の図書室にてやぎぺーさん(本名:八木仁平、Twitterはこちら)の講演があったので聞きに行ってきました。

タイトル:発信力を鍛えて好き勝手生きる

時間:10:00〜12:00

場所:森の図書室

講演の目的

発信力を鍛えて好き勝手に生きるための方法を紹介

大前提の好き勝手生きる状態とは

やぎぺーさんが考えている好き勝手生きる方法は次の状態をいう。

・知識や経験を発信する
・信用、影響力が大きくなる
・お金が入る
・お金を知識や経験に再投資する

具体的に説明すると

興味のあること、好きなことをやる

カメラ、ブログ、インスタ、旅行、etc…

人それぞれ好きなことがあると思います。

まずはそれをやりましょう。

私でいえば、カメラ、ドライブ、サバゲー、ガジェットなどでしょうか。

好き嫌いをあわせて発信する

自分が体験してきたことに好き嫌いをあわせて発信しましょう。

発信する方法はなんでもだいじょう。

手軽にはじめるなら、Twitter

文章が好きな方は、ブログ

動画でいけるぜって方は、YouTube、Facebookライブ

信用の蓄積

興味のあること、好きなことをしはじめ、好き嫌いを合わせて発信することで、共感する人たちが現れます。

人が集まってくる=信用が蓄積されている状態です

共感する人たちは自分に対してお金を払ってくれる人かもしれません。

知識、経験を自分にインプットし、ブログなどでアウトプットして信用の蓄積を続けましょう。

サービス化によってお金をもらう仕組みを作る

いわゆる、マネタイズってやつです。

発信(アウトプット)してきたことをサービス化してお金をもらえる仕組みを作りましょう。

例えば、ブログをやっている人であればサロンを作り、月額制でお金を支払ってもらう。などです。

興味のあること、好きなことに再投資する

マネタイズで得たお金は、再投資しましょう。

好きなことはいくつもあると思います。

なので、別の分野に手を伸ばしてみてもいいでしょう。

本なんかはわかりやすい例かもしれません。

本は、1500円ほど支払うことで、人の一生分の経験だったり、技術を得られます。

重要ポイント

一連の流れは上記で示したとおりです。

しかし、重要なポイントが2つあります。

・ペルソナ(対象者)
・好き嫌いをあわせて発信するタイミング

ペルソナ(対象者)

ペルソナとは、記事の対象者です。

つまり、誰に向けて書いた記事なのか?

これはいろいろ設定することができると思いますが、「少し前の自分」を対象に記事を書いてみると、記事がかきやすいです。

記事は基本的に、役立つものである前提であり、自分が欲しかった情報をまとめるだけで役立つ記事が出来上がるからです。

好き嫌いをあわせて発信するタイミング

好き嫌いをあわせて発信タイミングは、信頼が蓄積され、周りに人がいる状態のときです。

信頼が無い状態で好き嫌いをあわせても意味がありません。

なぜなら、読者は記事を書いている人なんてみていないからです。

あとがき

やぎぺーさんが表にたって講演をすることは、今後無いだろうと思って今回聴講させてもらいました。

話を伺ってる限りでは真面目な方なのかなという印象でした。

ただ、ところどころ暴走族の話題を入れて笑いをとっていました(笑)。

やぎぺーさん、ご講演ありがとうございました。

Twitterもやっていますのでフォローお待ちしております。

まえかわのTwitterフォローをお願いします
Twitter:https://twitter.com/dpshota

SPONSORED LINK


モバイルファーストなWPテーマ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンという奴隷生活から抜け出すため、ブログを立ち上げ自分の人生を発信中。 小・中学時代の不登校経験、大学院生という名の奴隷の経験から、みなさんに価値ある情報をお届けします。