Windowsを10年以上使ってきたが、MacBookProに乗り換えた理由

SPONSORED LINK

Macのディスプレイはキレイ

MacのディスプレイはWindowsと比べて、すごくキレイです。

MacはOSで色やアンチエイリアスなどを管理しているからキレイ

Windowsだけを使っているとわかりずらいので、Macの実物がおいてある家電量販店などに行って、比べてみるとわかりやすいです。友達がMacを持っているようだったら、一度触らせてもらいましょう。ネットサーフィンだけでも魅力は伝わります。

感覚的な話ですが、Windowsのフォントってギザギザしています。

しかし、Macだとなめらかなんです。

Macを一度使うとWindowsには戻れないかもしれません。

環境が統一されている

パソコンは機械です。

機械は、いつか壊れます。

大事な仕事のとき、壊れたら大変ですよね。

急にブルースクリーンになって、または起動しない、なんてことはパソコンを使っている以上、仕方のないことです。しかし、大事な仕事など、壊れられては困るときもあります。

そんなときのために、パソコンを2台用意しておく。

なんて贅沢な話だ!

と、思われう方もいるでしょう。

しかし、機械である以上壊れることを前提に考えて行動しておかなくては、いざというときに対応できません。

そのため、自分の持っている Macと同じタイプのものを購入しておけば、基本性能・ソフトは変わらず、危機的状況でも対応できます。

Windowsですと、メーカーものを購入した場合、不要なソフトが入っており、同じ環境を用意することはなかなか難しいです。

Macのノートですと、安いものならば10万から購入できますので、20万で2台購入できます。

Macでは一般的なオンラインゲームができない

Macでは、いわゆるオンラインゲームができません。

Windowsユーザーが多かったことなど、いくつかの理由からMacではゲームができないというのが通常となります。

ゲームをしたい方はWindowsを用意しましょう。

ボクはオンラインゲーム・オフラインゲーム問わず、ゲームは好きです。

ゲームがしたくてしているならばいいのですが、したくないのにゲームを起動して、チャットしている場合などもあります。

だから、ゲームをできない環境にするという意味もあり、Macを使っています。

キーボードが打ちやすい

ボクがMacをはじめて買ったのは2011年ごろ

ふと家電量販店に行き、MacBookProがあったので使い心地を確認

ディスプレイのキレイさ、軽さ、iPhoneとの連携など、良いところはいっぱいあったと思いますが、ボクが惚れたのはキーボードの打感でした。

あのころのキーボードは、今のMacBookProより若干キーに厚みがあり、今よりキーを打っている感覚がありました。

それがもうたまらず、即書いました。

それまでは、Windowsを使っており、Filcoのマジェスタッチを使っていました。

マジェスタッチは、テクニカルキーボードということもあり、Macとはまた違う打感です。

まとめ

今ではパソコンは切り離せないほど仕事や生活と密着しています。

いつも使うものならスキなものを使うほうがいいですよね。

 

Macの購入はこちらから

まえかわのTwitterフォローをお願いします
Twitter:https://twitter.com/dpshota

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンという奴隷生活から抜け出すため、ブログを立ち上げ自分の人生を発信中。 小・中学時代の不登校経験、大学院生という名の奴隷の経験から、みなさんに価値ある情報をお届けします。