DIY

【PS4換装】ロード時間を早めるためにHDDからSSDへ換装

PS4のゲームのロード時間って意外と長いですよね。

ロード時間を短くするためにはHDDからSSDへ換装することが一番手っ取りく、効果があります。

ボクはモンハン・ワールドをやっているので、ロード時間が長く短くならないかなと考えてきて、やはりSSDへの換装だなと思ったので重い腰をあげました。

ということで、今回はPS4スリムタイプとPS4 Proの2つをSSDへ変更したのでやり方をご紹介します。

PS4換装HDDからSSDへ:必要なものは?

準備物はこちら

  • PS4本体
  • SSD内蔵型
  • +0のドライバー
  • PS4のOS再インストールメディア

SSDは容量によって未対応のものがあるので、500GB以上のものをおすすめします。

ボクはCrucialの500GBを購入して入れ替えました。

注意点としては、内蔵タイプが必要だということです。

PS4のOS再インストールメディアの作成

SSDを入れ替えたらPSのOSをインストールしなければいけません。

公式サイトからメディアの作成方法が公開されているので参考にしてください。

こちら

PS4 スリムタイプのSSD換装

左下部分のフタをとります。

爪でひっかかっているだけなので、それほど力もいりません。

フタがとれるとネジが見えるようになります。

+0のドライバーでとりましょう。

ネジを取ると、HDDが取れるようになりました。

左にあるテープ状のものを引っ張って取り出しましょう。

意外と強度のあるテープですが、ちぎれないよう注意が必要です。

HDDが出てきたら、4箇所のネジでとまっているので外します。

同じ+0のドライバーで取れます。

購入してあるSSDを代わりに入れます。

あとは同じ逆順をたどって元に戻しましょう。

PS4 ProのSSD換装

PS4スリムタイプと形状が異なるので注意です。

左にあるフタを、右から手前に引くようにして外します。

同じく爪でひっかかっているだけです。

フタがとれるとネジが顔を出します。

+0のドライバーで外します。

ネジをとってからは、HDDを取り出します。

特にひっかかっているものはありません。

ちょっと硬いかもしれませんね。

4箇所のネジでとまっているので、+0のドライバーで外します。

SSDと入れ替えます。

ネジは高さがあうよう位置を調節して元に戻しましょう。

 

PS4のOS再インストール方法

準備したUSBメモリをPS4にさして、本体の電源をつけます。

このとき、コントローラーはUSBケーブルで本体に接続しておきましょう。

あとは画面の指示に従って進めば、OSの再インストールが終了します。

セーブデータをオンラインから本体に戻すときには、PSNのアカウントが必要になりますので、必ずどこかにメモっておきましょう。

PS4 ProをSSDへ換装した結果

ボクはモンハン・ワールドしかソフトを持っていないので、比較対象はありません。

数値的な解析もしていませんが、体感ではあきらかにかわりました。

どのぐらい早くなったのかというと、

モンハン・ワールドのロード時間は長く、一休憩できるほどでしたが、「はぁ」とため息すらできないほど早くなりました。

「なんでもっと早くやらなかったんだ・・・」と後悔しているほどです。

特にソロでやっている人には恩恵があります。

マルチプレイをしていると、一番遅い人にロード時間をあわせちゃうので、SSDの速度を有効に使えない場合が多いからです。

それでも、栽培を見に行けるかどうか、ぐらいの差はでるので換装はおすすめです。