会社員時代

お酒が苦手な人が、嫌な飲み会に行かなくてもよくなる方法

会社で行われる飲み会って、なぜあんなにも行きたくないものなんでしょうか。

がんばって飲み会に参加しても、お酌しないといけないし、料理も適度に注文しないといけないし、と気を使っちゃいますよね。

お酒は苦手だし、できることなら「会社で開かれる飲み会は行きたくない!」って気持ち、すごくわかります。

実は飲み会って、ちょっとした習慣を変えることで行かなくてもよくなるんですよ。

もし、お酒が苦手で飲み会が嫌だと思っているようであれば、これから紹介する方法を実践してみてください。

お酒が苦手なことをアピールしよう!

自分の苦手なことで笑われたことってありませんか?

小さいころに苦手なことで笑われた経験がある人だから、大人になっても苦手なことをアピールするのが苦手だったりします。

苦手なことを人に言うのは勇気がいりますよね。

でも、不思議なもので大人相手に苦手なことを言っても、すんなり受け入れてくれるものです。

特にお酒の話であれば、受け入れてもらいやすいんですよ。

なぜなら、お酒をちょっと口にしただけで倒れる人もいるからです。

なので、お酒が嫌い・苦手っていう人は、
お酒が苦手なことをオーバーな感じで、飲み会のあるごとにいいましょう。

上司や上の立場の人に言い辛ければ、先に同僚たちへ伝えると、

お酒を飲むタイミングで「この子飲めないんですよ~」「こいつお酒苦手なんで」といってかばってくます。

お酒が苦手アピールは、すぐに効果があるものじゃなくて徐々に効果がでてくるので何回も伝えましょう。

定時即退社!定時になったらすぐに会社を出る

定時になったら、即退社しましょう。

定時後も仕事をしていると飲みに誘われやすいんです。

なぜなら、

  • 予定が無いと思われる
  • 仕事熱心に思われ、飲みの席で仕事の話をしたがられる

誘う人は勝手にこんなことを思っています。

定時後も仕事をしているってことは仕事が終わらなかったからしているわけで、ひまだからしているわけじゃないんですけどね・・・

あわせて読みたい
サラリーマンは定時までが仕事である。残業してるほど暇ではない。サラリーマンは定時までが仕事であって、残業はサービスだ。 どの職場でも定時っていう仕事終わりの時間はあるけれども、残業をしている人...

だから、いつも定時になれば退社する習慣にしておくことで、

「あいつはいつも定時で帰宅するやつ」

と、認識され飲み会には誘われにくくなります。

実際、会社員だったころ定時退社を繰り返していたら、月10回程度あった飲み会が2カ月に1回に減りました。

定時終了直後に誘うっていうのは誘いづらいようです。

定時退社を習慣づけることで、飲み会に誘われにくくなります。

また、時間も確保できるので一石二鳥ですね!

飲み会のある日はマスクをして出社する

女性の方で特に風邪でもないのに、マスクをしている人っていませんか?

マスクをする目的は風邪予防だったり、ノドがいたくて保湿目的だったりしますよね。

でも、飲み会を避けるためにマスクが有効だったりするんです!

マスクをされていると「風邪なのかな?」って考えちゃいます。

そこを逆手にとって、飲み会の日はマスクをして「体調不良」を訴え、飲み会を回避しましょう!

心の中で疑われても、体調不良といっているのに飲み会に誘う上司はいません。

翌日の仕事にひびいたり、パワハラ問題になっては上司も困るからです。

マスクをして「体調不良」を理由に飲み会回避!

最後に

これだけやっても飲み会に誘ってくる人はいます。

「どうかしてんじゃないの?」って思いますが、終始関わらないようにしたほうがあなたのためです。

飲み会は有意義に使うと建設的で生産的な話をできたりする場なんですが、

お酒が苦手な人にとっては苦痛の場でしかないんです。

無理に誘うのを辞めて欲しい!

もし、どうしても誘ってくる方がいる職場なら転職・退職を考えてみてください。

あなたの時間は、苦痛の飲み会でなくなっていくためにあるのではないです。

大切な人、自分のためにあなたの時間があるのです。

仕事を探してみる

ABOUT ME
前川翔太
この記事が良かったら、シェアをお願いします!
関連記事はこちら