会社あるある

サラリーマンは定時までが仕事である。残業してるほど暇ではない。

サラリーマンは定時までが仕事であって、残業はサービスだ。

どの職場でも定時っていう仕事終わりの時間はあるけれども、残業をしている人は少なからずいる。ではなぜ定時があるのだろうか?

また、定時って何時?っていう疑問を持っている人もいると思うので、実例をあわせてご紹介します。

定時っていつまで?いちサラリーマンの事例

サラリーマンはたいてい、9時-6時などといった就業時間がある。就業時間は、つまり拘束される時間だ。

ボクの場合、9時から17時30分までが就業時間だ。休憩時間1時間をのぞいて、約7時間30分である。

拘束時間が決められているサラリーマンは一見不自由なように見えるが意外にもそうではない。なぜなら、定時という仕事終わいとダラダラ仕事をするというのが人であるから。

この定時について、賛否両論あるだろう。

だが、サラリーマンをやっている以上決められた就業時間内は働くしかない。いつでもルールを決めるのは上層部だからだ。

終わりの時間があるからこそ生産性が上がる

定時が終わると一目散に仕事場から立ち去る人残業する人、仕事場の雰囲気にもよるがわかれるだろう。

特に新入社員なんかは上司の顔色を伺いながらいつ退社したらいいなろう?と考えていることだろう。

しかし、定時という終わりの時間は悪いことばかりではない終わりの時間があるからこそ生産性が上がることも事実である。

締め切りがない仕事はいつまでもダラダラ、先延ばしにしてしまう。だから、1日のうちに片付ける仕事があるならばたいてい定時までに。と考える。定時がなければ自分が退社する時間までとなる。この差は意外と大きい。

ボクは研究室にいたころ、夜10時まで作業をしていたが、正直効率がよかったとは思っていない。なぜなら、眠くて作業に集中できないときがあるからだ。

しかし、サラリーマンであるならば17時や18時が定時、これを目指して作業をしていると自然と生産性は上がる

最悪の場合であるが、定時に終了を目指して作業をしているのならば、間に合わなくても7時や9時には終わることになるだろう。

残業している人ほど生産性は低い

残業している人をよく見かけるが、残業をしている人は生産性が低い

終わりの時間を決めないからだ。

いつまでも細いことなどに気をとられ、重要な部分が欠けてしまう

 

仕事を終わる締め切りを設けて生産性をあげよう。

そうすれば、他の仕事にも手をまわせる。

残業してるほど暇ではない

そもそも論であるが、残業しているほど暇ではない。残業代目当ての人もいるだろう。

しかし、ボクはそんなことをするぐらいなら、Google Apps Script(最近はまっている)、ロゴ作成、モンハンなどやりたいことは多くある。だから、残業なんかしている場合ではない。

ボクの場合、残業しても給料は増えないのだから。
※固定給のため

 

現在、サラリーマンの方、どのぐらい残業をしていますか?

自分が仕事をしなければ仕事が回らないと思っていませんか?

実際そんなことはありません。なんとかなるものです

残業をやめて、自分の時間を取り戻しませんか?

 

関連記事はこちら