ライフスタイル

【見るだけでお金が貯められる】お金を貯めたいならお金の流れを知ること

お金を貯めたい人は多くいるはず。これを見ているあなたもそう。

けど、お金は貯まりません。なぜなら、生きているだけ、生命維持でお金が必要だからです。

知らない人が多いですが、日本人として生きているだけで月に最低5万円は必要で、年間にすると60万円。

日本国民として生きているだけで年間60万円ってなかなかじゃないですか?この金額に生活費(食費など)はもちろん入っていません。

ここで言いたいのは、お金を貯めるにはお金の流れを知ること。

自分がどういったことに、どれぐらいのお金を支払っているのか?理解する必要があります。

 お金を貯めるための仕組みが重要

お金を貯めるには、貯める仕組みが必要です。

収入が多いからとか、支出が多いから、貯められないってのは言い訳にしかすぎません。

きちんと仕組みがあれば貯められます。

貯める仕組みは、単純で次の2つをやればOK。

  • 支出より収入が多ければお金は貯められる
  • お金が入ったら貯金用口座に移す

>> お金を貯めるならジャパンネット銀行

マネーフォワードでお金の流れを管理する

最近ではいろいろな家計簿アプリがありますが、お金の流れを管理するならマネーフォワードが一番おすすめです。

マネーフォワードに銀行口座・クレジットカードを登録すると収入・支出を区別し、自動で家計簿を作ってくれます。

家計簿があればどういったものに、どれだけのお金を支払っているのか一目瞭然です。

「今月食費いくらかかったんだろう・・・電卓ぽちぽち」なんてことも必要ありません。

ボクは1年半ぐらい利用していますが、有料会員になってまで利用しています。それほどまでに必要だということです。

無料版では、記録として残る月が異なるだけなので、十分使えます。

>> マネーフォワード

「会社員だから税金の仕組みを知らない」なんてバカ

会社員でもフリーランスでも税金は払わなければなりません。

「請求がきたから払う」「会社が払ってくれているから」なんて理由で払うのはバカです。

仕組みを理解すると、節税ができたり、払わなくてもいい税金だったりして、手元に残るお金が多くなります。

  • 所得税
  • 消費税
  • 贈与税
  • 相続税
  • 酒税
  • 法人税
  • たばこ税

税金の種類はいっぱいあるのでここではあげきれません。

ボクは税理士でもないので詳しいことは言えませんが、本を買って勉強すればいいだけだと思っています。

いまなら大河内先生(@k_art_u)、あんじゅ先生(@wakanjyu321)のこちらがおすすめです。

関連記事:スマホ料金を節約して1年間で5万円得する方法

関連記事:高い買い物こそ、少額の部分まで気にして購入する