ライフスタイル

モバイルバッテリーはどれを買えばいいの?1年間の使用レポート

最近は、スマホをはじめUSBで充電できるものが増えました。

だけど、充電のし忘れや、外出先で「充電が切れちゃった!」なんてことが起きたら大変です。

スマホは毎日使うからよくありますよね。

だから外でも充電できるようにしたい!そんな思い、めちゃくちゃわかります。

外でもモバイルバッテリーを使えば充電することができるので1台もっておきましょう。

ということで、今回はモバイルバッテリーについてお送りします。

最後には激選した種類別のおすすめなんかもあるので最後まで読んでいってください!

モバイルバッテリーの種類

モバイルバッテリーは、いくつか種類があります。

  • USBコード付きモバイルバッテリー
  • コンセント付きモバイルバッテリー
  • 大容量モバイルバッテリー
  • 小型モバイルバッテリー

USBコード付きモバイルバッテリー

USBコード付きモバイルバッテリー

コード付きモバイルバッテリーは、USBコードがついていてコードを忘れたとしても受電が可能なものです。スマホはAndroid・iPhoneともに対応しているものもありますよ!

コンセント付きモバイルバッテリー

コンセント付きモバイルバッテリーコンセント付きモバイルバッテリー

コンセント付きモバイルバッテリーは、モバイルバッテリーでありながらコンセントが付いています。家庭用コンセントにさしながらスマホやデジカメの充電ができます。

大容量モバイルバッテリー

大容量モバイルバッテリー大容量モバイルバッテリー

 

大容量モバイルバッテリーは、その名のとおり充電できる容量が大きいものです。充電容量が大きいと、充電回数が増えます。

小型モバイルバッテリー

小型モバイルバッテリー小型モバイルバッテリー

 

小型モバイルバッテリーは、コンパクトに作られており持ち運びに便利ですが、小さいがために充電できる容量が小さいです。

1年10カ月使った感想

購入したモバイルバッテリー

ボクが持っているモバイルバッテリーは、小型と大容量の2種類。

購入した時期が2015年9月なので当時はこれしかなかったんです。

小型はもうちょっとあとに買ったかな。

 

なんだかんだで1年10カ月ほど使用してきて、「買っといてよかった!」と思えました。

大容量モバイルバッテリー

持っているモバイルバッテリーは20000mAh超えと、iPhoneの充電ならば10回程度はできるもの。2泊3日などの旅で充電器を忘れたとしても、これ1台でなんとかなったぐらい頼もしいものです。

USBケーブルが2つさせるので、スマホと同時に他の機器を充電できます。充電ポート数も多いにこしたことはないですが、出先で同時に4つも5つも充電することって考えにくいですよね。なので、2ポートが一番最適です。

モバイルバッテリーの充電ランプ

モバイルバッテリーからの充電方法は、ケーブルを接続してボタンをポチっと押すだけ。ボタンを押すとランプが点灯します。ランプは充電されている容量を表しているのでランプが光らなければ受電できません。

また、バッテリーの容量について20000mAhあったとしてもすべてを上手に使い切ることはできないと考えたほうがいい。スマホなどの充電をしていないときに放電しているからです。

なので、容量が小さいモバイルバッテリーでは充電回数に不安があったので、大容量のほうを先に買いました。

ただ、容量が大きいってことはバッテリー本体も大きくなるので、重さも変わってきます。ボクが使っているものは353gあるのでiPhoneを2台程度ほどの重さです。意外と重いので女性にはおすすめできません。

大容量バッテリーは、重いので使い方には注意が必要です。

小型モバイルバッテリー

大容量モバイルバッテリーの次に買ったのが、小型タイプ。充電容量は、5000mAhとiPhoneの充電回数でいうと2回ほど。

実際に使ってみて、iPhone7を満充電は2回ぎりぎりできないぐらいです。充電中もiPhoneはディスプレイの表示などで充電を減らしているから仕方ないですね。

小型なので持ち運びにはすごく便利で、カバンの中であれば場所をとらないぐらい小さいです。ただジーンズなどのポッケだとギリギリといったところ。

また、ポート数も1つしかないので、本当に緊急用と考えて持ち運ぶのがいいです。充電するものがスマホに限定されるなら大容量タイプより小型タイプですね!

モバイルバッテリーはどんな人が買うべき?

モバイルバッテリーが欲しいけど、「どれを買ったらいいかわらかない!」そんな方へイチオシ!のモバイルバッテリーを紹介します!

荷物を減らしたい人向け

荷物を減らしたい人へは、iPhoneもAndroidも充電できるケーブル付きのモバイルバッテリーをおすすめします。

容量はお好みで選んでもいいですが、こちらのものだと値段もお手頃で手が出しやすいです。

USB充電器を持っていない人向け

モバイルバッテリーを買ってもバッテリー本体を充電しなといけないので、USB充電器を持っていない人は、コンセント付きモバイルバッテリーをおすすめします。

USB充電器にもなって、モバイルバッテリーにもなる。なかなかに高機能なモバイルバッテリーですね!

女性向け

モバイルバッテリーは容量が大きくなっていくと重さもましていくので、女性にはコンパクトなものをおすすめします。

iPhoneならば2回はほぼほぼ充電できるので、カバンの隅にいれておくと充電が切れても安心ですね!

充電機器が多い人向け

スマホ・デジカメ・タブレットなど充電機器が多い人には、大容量のモバイルバッテリーがおすすめ!

26800mAhもあるのでタブレットでも2回は充電できますね。

モバイルバッテリーの充電方法

モバイルバッテリーは、どのタイプにしてものだいたいmicroUSBの端子がついていて、そこから充電します。microUSBは、Android充電用のものです。

充電の際に気をつけたいのが、過充電。いわゆる、100%充電が終わっているのに充電しているときです。

充電をやりすぎるとバッテリーが壊れやすくなるので気をつけましょう。特に、バッテリーは発火や爆発なんかも考えられますので、過充電・暑いところでの放置は避けてください。

 

Amazonで買い物するならPrimeに入るとお得ですよ。

あわせて読みたい
Amazonプライムはおすすめ(Amazon Student)1人暮らしの買い物って面倒ではありませんか? 特に重くもないけど大きい荷物なんか買ってしまった日なんかは帰りがダルイ。 1人...

動画でも説明してますよ!

ABOUT ME
前川翔太
この記事が良かったら、シェアをお願いします!
関連記事はこちら