Apple

新型Mac mini(2018)のおすすめカスタマイズを紹介します

新型Mac mini(2018)をおすすめする理由をお伝えします2018年10月30日にAppleイベントが行われ、iPadやMacが発表されました。そのなかでも4年ぶりに更新された、Mac mini...

以前書いたこちらの記事が好評いただいたので、続編としてMac mini(2018)のおすすめカスタマイズを紹介したいなと思います。

まだお読みでない方はぜひ一度読んでみてください。

では、Mac大好きなまえがわ、Mac mini(2018)おすすめのカスタマイズを紹介します。

Mac mini(2018)おすすめカスタマイズ その1:CPUは頭の回転速度だからできるだけ良いものへ

Mac miniのCPUは次の3つから選べます。

  • 3.6GHzクアッドコア第8世代Intel Core i3プロセッサ
  • 3.0GHz 6コア第8世代Intel Core i5
  • 3.2GHz 6コア第8世代Intel Core i7
クアッドコアは、「4コア」のことです

「CPUってなんだろう?」という方もおられると思いますが、人間でいう「脳」にあたる部分で数値が高いほど頭の回転速度があがると思ってください。

ただ、数値をあげるほどお金もかかってくるので、一番お金と性能のバランスが良いのは2番目の「3.0GHz 6コア第8世代Intel Core i5」です。

Mac miniを購入するとき2種類から選べますが、右側が「第8世代Intel Core i5」となっています。差額が33000円なのですごく安いです。

というのも、CPU以外にSSDストレージが128GBから256GBになった点もあるから。

SSDストレージを128GBから256GBに変更するにも22000円(税別)かかっちゃうので、約8000円でCPUをCore i3からCore i5に変更できてお得です。

CPUは、数値も大事ですがコア数も大事で、4コアと6コアでは大きく違います。例えば、4コアだと4つまでしか同時に作業できませんが、6コアだと6つまで同時に作業がでるので、6コアになるCore i5がおすすめです。

※例なので実際の処理内容とは異なります

Mac mini(2018)おすすめカスタマイズ その2:メモリは作業領域、大きければ大きいほど良い

Mac miniのメモリは、次の4つから選べます。

  • 8GB
  • 16GB
  • 32GB
  • 64GB

メモリの例として、机(作業領域)の大きさを上げられる方が多くいます。ボクも同じように思っていて、机が大きいほど本やノートを同時に広げられるので、大きければ大きいほどいいです。

しかし、広げるものがないのであれば不要になります。特に必要となるのがデザイン系・映像系・プログラミングのお仕事をされている方です。

ソフト名でいうと、

デザイン・映像系のソフト名
  • イラストレーター
  • フォトショップ
  • プレミア
  • ファイナルカットプロ

デザイン系・映像系のお仕事をされている方には、32GB以上をおすすめします。

ボクはiMac 5K 2017でイラストレーター・フォトショップ・プレミアを使っていて最初は8GBでやっていたんですが、ソフトが落ちたりして全然仕事ができませんでした。

そこで、メモリを32GBプラスして40GBにしたところソフトは落ちず、マウスアイコンがくるくる回って止まることも無くなりました。

「いやいや、デザイン系のソフトは使わないよ」という方には、16GBをおすすめします。

最近ではYouTubeなどの動画系、ネットサーフィンをするにしても画像がいっぱい使われているサイトなど、パソコンの処理能力は高く要求されているからです。

また、16GBと標準より少し多くしておくだけで、メーラー・ブラウザ・Wordなど多数のソフトを起動していても動作が止まることが少なくなります。

Mac mini(2018)おすすめカスタマイズ その3:SSDのストレージは少ないに限る

Mac miniのSSDは、次の5つから選べます。

  • 128GB
  • 256GB
  • 512GB
  • 1TB(1000GB)
  • 2TB(2000GB)

SSDは保存する場所のことで、HDDと同じ種類です。仕組みが違うのでSSDと呼んでいます。

SSDの特徴
SSDは電子回路で動いているので、円盤で動いているHDDと比べて耐久性が高く、読み書き速度も高いのが特徴です。

保存する容量なので多くあればいいんですが、値段が高い。

128GBから512GBにするだけでも44000円(税別)もします。

外付けSSDであれば13000円で500GBを追加できるのでおすすめです。

複数台のパソコンで外付けHDDを共有したい場合は、NASをおすすめしています。

Mac mini(2018)おすすめカスタマイズ その4:Ethernetは10GB対応までアップ!

Mac miniのEthernetは、次の2つから選べます。

  1. ギガビットEthernet(10/100/1000BASE-TギガビットEthernet、RJ‑45コネクタ使用)
  2. 10ギガビットEthernet(1Gb、2.5Gb、5Gb、10Gb Ethernetに対応するNbase-T Ethernet、RJ‑45コネクタ使用)

Ethernetとは、LANケーブルを挿す部分であり、インターネットの速度に直接影響するものです。

いまはもうインターネットなしの世界はありえないほど浸透しています。契約回線によりますが、早いところでは10Gbのものがありますので、変更をおすすめします。

1000BASE対応のものでも1Gbなので、10Gbになったからといって体感できるものではないでしょう。しかし、今後のインターネット回線の向上、動画配信サイト(YouTube)の普及を考えると早いにこしたことはありません。

11000円ほどでカスタマイズできるので、ぜひとも変更してほしいところ。

Mac mini(2018)おすすめカスタマイズのまとめ

  • CPUはCore i5の6コアへ!
  • メモリは使い方に合わせて!
  • ストレージは最小限に!
  • Ethernetは10Gbへ!

Mac miniの購入の際は参考にしてみてください。

ちなみにMac miniはUSB-Type Cがあるのでこういったアクセサリがあると便利に使えます!

関連記事:Mac mini(2018)みおすすめのアクセサリ