YouTubeでDIY動画公開中!
IT

iPhoneのApplePay、Suicaが楽

みなさん、iPhoneでSuicaを使ってますか?ボクはiPhone7に変えてからずいぶんとお世話になっています。

iPhoneでSuicaを使うことのメリット、デメリットをまとめましたのでご覧ください。

デメリット

iPhoneの充電が切れると使えない
iPhoneでSuicaを使うことのデメリットといったらこれ!

機械である以上、充電が無くなったら使えません。

ボクは今のところありませんが、
もし、改札を通るときにiPhoneの充電が無くなっていたら駅員さんのところにいきましょう。

充電を無くさないためには、省電力モードにしたり、モバイルバッテリーを持ち歩きましょう。

おすすめ
Ankerの20000mAのバッテリーはiPhoneを8回ほど充電できるので、一個持っていれば安心です!

メリット

小銭を持ち歩かなくていい
iPhoneでSuicaを使う1番のメリットはこれでしょう!

小銭じゃらじゃら

もう持たなくていいんです。
お釣り計算もしなくていいんです。

175円の支払いだから…
235円支払って50円のお釣りをもらおう!
もう考えなくていいんです。

関東圏、関西圏と地域を越えて使える
ボクは最近、出張で神戸、大阪に行きましたが、iPhoneにSuicaを入れておいたことでいつもどおりiPhoneを改札機にかざすだけ!

関西圏ではSuicaではなく、ICOCAがメインですがSuicaも使えます。

地域を問わず使うことができます。

いつでもSuicaのチャージが可能

カード型のSuicaの場合、チャージ方法は2つあります。

残高が不足したら改札で自動的にチャージされる、オートチャージ

券売機などに入れてチャージ

では、コンビニなどの支払い時に足りなかったらどうしましょうか?

オートチャージを設定しているカード型のSuicaは、改札機にかざした時限定でオートチャージされます。

なので、カード型のSuicaの場合、支払いを諦めざるおえません。

しかし、iPhoneにSuicaが入っていると、チャージはいつでもできます!
※クレジットカードをiPhoneに登録しておく必要があります

これで、コンビニの支払いは全てiPhoneのSuicaでできますね!

まとめ

いかがだったでしょうか

iPhone7よりあとで出たiPhoneであれば同じ機能を持っていますので、すごく便利に使うことができます。

関連記事はこちら