IT

GmailのSMTPサーバーを経由して、Gmail以外のメールアドレスからメールを送信する方法

最近では場所を問わずメールを確認できる状態があたりまえになってきました。しかし、契約しているサーバーなどの環境によって特定の場所でからでないとメールの確認・送信ができないという状態もあります。

そんな中、Gmailのアカウントを利用することで環境にとらわれず、Gmailと同じようにメールのやり取りができる方法を見つけたのでご紹介します。

 

どんな仕組みでGmailと同じようにメールができるの?

Gmailの送信サーバーはSMTPサーバーです。なので、自分の持っているメールアドレスの送信サーバーがSMTPサーバーであれば、特別な設定などしなくとも普通の設定を行うことでGmailと同じようにメールのやり取りができます。

詳しくはこちらをご覧ください
Gmailヘルプ-他のメールアカウントを確認する-

しかし、自分の持っているメールアドレスの送信サーバーがSMTP以外であった場合、通常の設定ではGmailでメールを送信することはできません。なので、GmailのSMTPサーバーを経由してメールを送るのです。

 

GmailのSMTPサーバーを経由してメールを送る方法

メールの受信はどこのサーバーであろうとできますので、送信についてのみ説明します。

まず下記のアカウント・情報を調査しておく必要があります。

・Gmailアカウントの取得(アカウント取得済みであればOK)
・Gmailアカウントを2段階認証プロセス「オン」にしておく
・持っているメールアドレスの送信サーバーがSMTPサーバ以外である

 

 

Gmailにアカウント追加

・Gmailにログインする
1.設定をクリックする
2.「アカウントとインポート」をクリックする
3.「他のメールアドレスを追加する」をクリックする
詳細な場所については下記画像のとおりです。1〜3を順にクリックすると下記画像と同じ画面が出ます。

Gmail mail setup01

 

3.まで終わらせると別のウィンドウが出ます。
そこには、メールを送ったときに表示する名前と、追加したいメールアドレスを入力してください。
入力後、「次のステップ」をクリックしましょう。

 

Gmail mail setup02

 

そうすると、次の画面が出てきます。

はじめは下記とは違う内容が入力されていると思いますが、全て無視してください。

設定内容は次のとおり入力してください。

SMTPサーバー:smtp.gmail.com
ポート:TLSの場合、587 SSLの場合、465を入力
ユーザ名:ご自身のGmailアカウントのユーザ名を入力してください
パスワード:Gmailアカウントのアプリパスワードを入力してください
※アプリパスワードの説明は次へ

全て入力後、「アカウントを追加」をクリックする。

 

Gmail mail setup03

ここまで全て問題なければアカウントは追加されました。

確認するためにはメール作成をしてみましょう。

いつもであれば、Fromの欄には1つしかありませんが今回追加したメールアドレスもあるはずです。ないようであればはじめから設定を見直してください。

Gmail mail setup04

 

 

Gmailのアプリパスワードについて

 

上記のようにGmailアカウントに対して、送信者を変更できるようにするにはGmailアカウントのアプリパスワードを作る必要があります。

アプリパスワードとは、Gmailアカウントを2段階認証プロセス「オン」にしたときに作成できるパスワードです。つまり、いつものパスワードと、もう一つのパスワードができるわけです。

それでは設定の手順に移りましょう

・Gmailアカウントにログイン(GmailでもOK)
・ログインとセキュリティへ(下記画面です)

 

Gmail mail setup05

 

この画面から少し下へスクロールすると、「2段階認証プロセス」が出てきますので「オン」にしましょう

 

Gmail mail setup06

 

2段階認証プロセスの説明が書いてあります

読み終わったら「開始」ボタンをクリックします

 

Gmail mail setup07

 

次にGmailアカウントのパスワードが求められます

いつものパスワードを入力してログインします

 

Gmail mail setup08

 

ここで電話番号が必要になります

電話番号を入力しましょう

入力した電話番号にパスワードが送られてきます

 

Gmail mail setup09

 

パスワードはこのような感じで送られてきます

一時的なものですのでなるべく早く入力しましょう

 

Gmail mail setup11

 

パスワードを入力すると、2段階認証プロセスを有効にするかどうかを聞いてきます

右下にある「オンにする」をクリックして、有効にしましょう

 

Gmail mail setup12

 

そうすると、2段階認証プロセスが有効になったことを示すページが出てきます

 

Gmail mail setup13

 

ここまでで2段階認証プロセスを有効にすることができました

次はアプリパスワードの作成です

「2段階認証プロセス」の左側にある矢印からページ移動します

次の画面に移ったと思いますが、2段階認証プロセスの欄が前と変わっていると思います

アプリパスワードをクリックしてパスワードを設定します

 

Gmail mail setupt14

 

いつものアカウントのパスワードを入力します

 

Gmail mail setup15

 

ここではじめて2段階認証を求められます

携帯電話にパスワードが送られてくるので入力しましょう
※スマホの場合、Wi-Fiに接続していると届かない率が高いため、届かない場合はWi-Fiを切ってみましょう

 

Gmail mail setup16

 

いよいよ終盤です

パスワードを設定するアプリの選択と、端末を選択してください

選択できるアプリは、

・メール
・カレンダー
・連絡先
・YouTube

などがあります

端末はわかりやすいものをお選びください

そして「生成」ボタンをクリックします

Gmail mail setup17

 

黄色の欄にあるものがパスワードです

忘れないようメモしておきましょう

 

Gmail mail setup18

 

さて、ここまで長々と設定をやってきたわけですが、このパスワードを下記設定画面のパスワードに入力します。

Gmail mail setup03

 

あとがき

今の時代、スマホを持っているのがあたりまえ

メールも会社でないと見られない、そんなバカな話がありますか?

ということで、Gmailを使ってメールを送る方法を見つけましたのでご紹介いたしました。

会社のメールを設定するときには、情報関係の担当とお話の上、設定ください。

ABOUT ME
前川翔太
この記事が良かったら、シェアをお願いします!