IT

データ保存用に外付けHDDがおすすめな3つの理由

パソコンを使っていると自然にデータが増えていきますよね。

特に写真や動画は容量が多いので保存場所を確保するのに一苦労・・・

でも、外付けHDD(ハードディスク)を使うと、そんな心配無用!

外付けHDDは、内蔵型と違ってあとからいくらでも増やせたり、電源を落として保管することもできます。
※パソコンにコードが刺さる限り

これまで内蔵型、外付けHDDを合計10台ほど購入して、結果的に外付けのHDDが良いと思ったので、おすすめな理由を紹介します。

外付けHDDがおすすめな3つの理由

外付けHDDがおすすめな理由はこちら

  • 外付けHDDは後からでも増やせる
  • 壊れたら違うものに交換しやすい
  • 複数の端末からアクセスできるNASもある

パソコン購入後でも増やせる

パソコン購入時に決めるHDDは内蔵型といって、パソコン内部にあるものです。

デスクトップパソコンなら内部を開けてつけたすこともできますが、静電気などでHDD以外のパーツを壊してしまう可能性もあるのでできるだけ開けたくありません。

一方、外付けHDDは内蔵型と違って、必要だと思ったときに、必要な分だけつけたすことができます。内蔵型と比べて、少し価格が高いのがデメリットです。

壊れたら違うものに交換しやすい

内蔵型HDDはパソコン内部にあり、外付けHDDと比べると交換しにくいですね。

なぜなら、外付けHDDはパソコンの外にあり、接続はUSBケーブルだけだからです。

もし、外付けHDDが壊れても、USBケーブルを外すだけで取り外せます。今の外付けHDDは電源ケーブルすらありません。

HDDは頻繁に使っていると、2・3年で壊れることがあるので、壊れてもなんとかなるような仕組みにしておいたほうがいいですね。
※データのバックアップはしましょう

複数の端末からアクセスできるNASもあります!

外付けHDDには、ネットワークに接続できるNASというものもあります。

外付けHDDというと、USBケーブルで1つのパソコンにしか接続できない印象ですが、NASならば複数のパソコン・スマホ・TVから接続できるんです!

今では1000GB(1TB)以上のものが普及していますが、すべてを使いきれない場合はNASでいろいろなものに共有すると無駄なく使うことができますね。

外付けHDDケースを使うと1本のケーブルで4台に繋げられる

センチュリーというメーカーの「裸族のカプセルホテル」なら、1本のUSBケーブルで4台のHDDを繋げることができます。さらに、HDDごとに電源スイッチがあるのでバックアップ用だけ電源を切っておくこともできますよ!