学生時代

【大学生向け】就職活動よりも大学在学中に稼ぐ仕組み作りが重要

大学3年生にもなると就職活動の話がでてきますよね。

いろいろやらなきゃいけないことはあるにしろ、結局自分でお金を稼いで経済的自立することが就職活動の目的じゃないでしょうか?

自分で稼ぐってむずかしいですが、最近ではネットさえ繋がっていればいろいろな方法があります。

おすすめは、「ブログ」「アフィリエイト」です。この2つは初期投資が少なくて商品などの在庫も持たなくていいってのが利点ですねー。

ということで、この記事では時間がある大学生に向けて、在学中に稼ぐ仕組み作りをおすすめします!

在学中に稼ぐ仕組み作りのコツさえ掴んでしまえば、就職したとしてもめちゃくちゃ有利になるのでやっておいて損はないですよー

就職活動の目的を考え直す

あなたの就職活動の目的はなんですか?
就職することですか?

どこかに就職してお金をもらうことですか?

 

ボクもそうでしたが、そもそも「どこかに就職しないといけない」っていう考えしかないんですよね。わかります。めっちゃくちゃわかります。

だけど、就職して会社員をやらなくても生活できる手段はあふれています。
Twitterを見ていたらいくらでも情報があるので探してみてください。

Twitterはこちらから

在学中に「稼ぐ仕組み」を作る

大学中に稼ぐ仕組みを作っちゃいましょう。

バイトなどの労働ではありませんよ?

労働って結局時間を売っていることになるので、それ以上の稼ぎはありません。

また、労働できなくなった瞬間にお金は無くなります。

そこで、ブログやアフィリエイトです。

ブログなどは初期投資がほとんどなくはじめられるビジネスなので参入しやすいですね。

ブログやアフィリエイトって作って放置しておくと結果が出るんですが、

結果が出るまでに時間がかかるのでささっと作って、PCDAを回しまくりましょう。

 

とりあえず無料ではじめられる「はてなブログ」がおすすめです。

無料なのでやってみてだめなら、違うことをしましょう。

はてなブログを見る

ABOUT ME
前川翔太
この記事が良かったら、シェアをお願いします!