ライフスタイル

【車用品】今さら聞けない、コンパウンドってなに!?

車用品で「コンパウンド」という缶に入ったものをご存知でしょうか?

ホームセンターやカー用品をおいているお店にはだいたい並べられているものです。

名前は聞いたことがあるけれども、「実際よくわからない」といった方もいらっしゃると思います。ボクもそうでした。

車をキレイにするものなんだなとわかっていながらも、どういったものを選べばいいのかわからないし、どうやって使ったらいいかもわからない。だから、買えなかった。

でも、コンパウンドっていうのは難しいものではありません。簡単に言ってしまえば「ヤスリ(サンドペーパー)」です。

細かい粒で目に見えないほどの傷に直して、あたかもキレイになったようにするものなんです。だからといって、別に悪いものではありませんのでお間違えのないようお願いします。

では、コンパウンドを知らなかったボクが、調べて・実際に車の傷を直したので紹介していきたいと思います。

今さら聞けない、車に使うコンパウンドってなに?

コンパウンドは、細かい粒で傷つけるものです。傷といっても目に見えないほどのものなので、大きな傷があれば目に見えないほどの傷にすることができます。

なので、車の傷をDIYで直すことによく使われています

黄ばんだヘッドライトを磨いて、もとのようにクリアなものにすることにも使われます。

しかし、コンパウンドは傷をつけているので磨きすぎると塗装がはがれ落ち、下地が見えてしまうので傷の状態を見ながら使いましょう

コンパウンドは、車に傷をつけるので「本当に使わなければならないのか?」をよく考えて使用してください

 

コンパウンドを使える例
  • ドアノブ付近の引っかき傷
  • 触っても凸凹していない傷
  • 鳥のフンなどが固まって取れない場合

わかりやすい、おすすめのコンパウンド

コンパウンドで車をキレイにする原理はご理解いただけたでしょうか。

では、実際にコンパウンドを購入して愛車をキレイにしたいというところだと思いますが、実際にどういったものを購入したらいいのかわからないですよね。

安心してください。ボクもわからなかったのであなただけではありません。

ボクのおすすめは、ヤスリの番号が書かれているこちらです。

これは、3つのコンパウンドがセットで売られているもので、お値段が1000円ほどします。

3種類の番号がありますが、番号が小さいほど荒いもの番号が大きいほど細かいものとなっているので、非常にわかりやすい。

また、3種類一緒に購入できるので他のものを購入する必要はありません。種類によってスポンジも変えなければなりませんが、スポンジも3つ入っています。

コンパウンドの使用方法

コンパウンドを使う前に必ず水洗いしてください。すでにホコリなどのゴミがついている場合があるので、落としてからコンパウンドを使います。

コンパウンドは、目の細かいものから使っていきましょう。

  • 9800番を使う
  • 傷が消えれば保護剤をかける
  • 傷が消えなければ7500番を使う
  • また傷が消えなければ3000番を使う

今回でいうと「9800番」も黄色のものからです。

細かいものから使っていき、傷が消えればそのまま保護剤をかけて終了となります。

もし、9800番で消えなければ、7500を使ってみましょう。

このように、目の細かいものから使用することで車に大きなダメージを与えなくて済みます。

コンパウンド使用後は、こすった場所に細かい傷があるので保護剤をかけてさらなるダメージを防ぎましょう。

こちらを実際に使ってみましたが、他とは輝きがかなり違いました。

耐久については9カ月となっていますので比較的長期間持つものではないでしょうか。9カ月後のお楽しみですね。

また、少量でドア1枚分は楽々保護できましたので1本あれば車全体に保護をかけられ、2回分ぐらいはありそうです。

これで愛車はピカピカな状態を維持できますね!