IT

毎日記事を書くことに意味はあるのか?

こんにちは、まえがわ(@dpshota)です。

ブログは、「毎日更新したほうがいい」なんて、いわれていますがどれだけの人が続けらるでしょうか。

がむしゃらに記事を書くだけでは途中で力尽きてしまいますよね。

「ブログで稼ぎたい」、「家で仕事がしたい」、「どこでも仕事がしたい」、ブログをはじめる理由は人それぞれ。

目標達成のためには「毎日更新」が欠かせないことは、ブロガー界をみればわかると思います。

毎日記事を書く理由

ボクは理系の大学を卒業して、研究成果を発表する論文を書いてきました。

論文ってきくと、堅苦しい、わかりにくいっていうイメージがあると思うんですが、そのイメージのままです。

ですが、研究者はわかりやすくなるよう書いています・・・。

 

話をもどすと、論文を書いていると堅苦しい文章ばっかりなんで、

ボクもそのクセが抜けません。

だから、自然にわかりやすい文章を作れるよう毎日記事を書いています。

 

ほかにも、学生のころは比較的文章を書いていましたが、社会人になると学生のころより文章を書きません。

一旦書かなくなると、文章作成筋肉といった文章を作る力が落ちます。

書かないと、間違いなく落ちます

なので、1日に5000字、1万字ぐらい書けるように毎日記事を書いています。

毎日記事を書く必要はあるのか?

あります

毎日記事を書くと、

  • 記事数が増える
  • 露出が増える
  • PVが増える
  • 検索流入が増える

記事を書いていれば「検索流入が増えるか?」と聞かれると絶対に増えるわけではありません。

ですが、だいたいこういったフローになります。

そこで、毎日記事を書くことによって記事がストックされ、検索流入が増えれば巡航運転で問題ないわけです。

ある一定のところまでいくのに力が、馬力が必要なので毎日記事を書く必要があります。

車でも、60km/hrまで加速してしまえば、その後は加速時に比べ、ガソリンを多く消費することなく運転することができます。

しかし、ブレーキを踏んだり、加速したりしていると60kmまでの力は多く必要になります。

そのために、「100記事」といったような記事数がでてくるのです。

もちろん他の理由もありますがわかりやすいところだけ取り上げました。

ブログは誰もが作れるアウトプットの場所

ブログはアウトプットの場所として最高です。

だれの許可を必要ともせず、自分でつくることができるから。

また、文字に起こしておくことで自分の感情はもちろん、備忘録的に使うこともできます。

会社員の方でも、主婦の方でも、学生の方でも、ブログは作ることができるので

できるだけ早く作っておくと未来の自分にいいことが起こるかもしれません。

ブログを作るなら「エックスサーバー」

関連記事はこちら