【Webサービス】写真が保存し放題!?Amazon Driveとは

SPONSORED LINK

こんにちは、実家まで約600kmを車で走って帰ったしょたです。
なので、今回の記事は実家から書いています。

どこにいてもブログが書けるっていいですね。

さて、今回なんですがどこにいても、どれだけでも写真が保存できるWebサービスの紹介です。
それがタイトルにもある、「Amazon Drive」です。


Amazon Driveを紹介しようと思った理由がこちら

f:id:maegawa-0724:20170604165200j:plain:w400

あんちゃさんの初「トークライブ」イベントにおいて、写真を撮られていた土田凌さんがTwitterでPCの容量に困られていたのでメッセでAmazon Driveを紹介しちゃいました。
意外にもご存知なかったので今回の記事を作成しようと・・・

Amazon Driveとは?

Amazonが提供しているWebサービスで、写真、ビデオ、ドキュメントファイルなどを保存することができます。写真に関しては、なんと!RAWファイルも保存できちゃいます。
※RAWファイルとは、写真に現像されていない未完成データのこと

ここで注目すべきは、Amazon プライム会員(年会費¥3,900)だと写真(RAWファイル含む)を、保存し放題だということです。特にプロのカメラマンだったり、撮影することを趣味にしている人だと、PCの容量が圧迫されていくのでどこかに退避するか、削除しなくてはなりません。だけど、Amazon Driveを使うことで半永久的に写真を保存できちゃいます。

保存できる容量

Amazon Driveに登録すると、保存できる容量は「5GB」です。しかし、Amazon プライム会員であるならば写真を保存し放題です!つまり、容量が無制限ということになります。

どうやって使うの?

登録はこちら
Amazon Driveは、クラウドのファイル共有サービスのため、

  • ネットにつながる環境
  • 情報端末(PC、スマートフォン、タブレットなど)

上記のものがあれば利用できます。
なので、最近Instgramの利用などによりスマートフォンで写真を多く撮られる方などは、バックアップにAmazon Driveを使うってのもいいんじゃないでしょうか。

もちろん、PCのソフトとしてAmazon DriveをインストールすることでPC内でファイル整理を行い、終了後に自動的にファイルを同期するってこともできます。

ちなみにブラウザでの作業画面はこんな感じです。
f:id:maegawa-0724:20170604171217p:plain:w500

あとがき

みなさま、ご参考になりましたでしょうか。
昨日、妹の結婚式だったため1日で1200枚ほど撮ったこともあり、現在RAWファイル含む33GBほどをアップ中です。しかし、Amazon Driveなら容量を関係なく写真を保存しておくことができます。そして、フォルダを共有可能にしておくことで、URLさえ教えれば妹や妹の旦那、多くの人に写真を共有することができます。

まえかわのTwitterフォローをお願いします
Twitter:https://twitter.com/dpshota

SPONSORED LINK


モバイルファーストなWPテーマ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンという奴隷生活から抜け出すため、ブログを立ち上げ自分の人生を発信中。 小・中学時代の不登校経験、大学院生という名の奴隷の経験から、みなさんに価値ある情報をお届けします。