ライフスタイル

睡眠不足は判断力・時間など失われていくものが多い

こんばんは、まえがわです。

今日は姪っ子の子守りを頼まれて午前中の3時間ほどみていました。

一見、タイトルの睡眠不足と関係なさそうですが、そうでもありません。

予定が入っていることによる行動の制限

冒頭にあるとおり、午前中は子守りを頼まれていました。

しかし、ここ1、2週間ほどは眠る時間が遅く、起きる時間が朝8〜11時などとバラバラ。

つまり、早く寝なきゃいけなかったけど、眠れなかったということです。

眠気がなかったことをいいことに、次に作る木工作品の設計図を書いて材料の必要数を出して、発注をかけたりなんてことをしていました。

横道にズレてしましたが、子守りという予定が入っていることで、寝る時間の自由が無くなりました。

眠なかったこともあって、今日は非常に寝不足のまま過ごし、作業もできず、まともな休息も取れません。

 

会社員であれば、朝9時から仕事という予定が平日の5日間あるわけです。

夜に眠れたら問題ありませんが、場合によっては眠れないこともありますよね。

それってつまり、眠いまま仕事をしなければならない状態に入り、非常に効率が悪い。

ボクも会社員時代は徹夜のまま仕事に行った、なんてことはザラにありましたが、ほとんど仕事にならないので辞めたほうがいいです。

つい最近、YouTube・AbemaTVでやっていたホリエモンの東大合格の番組でも「徹夜はするな」と睡眠を取るように促していましたね。

睡眠不足で失われたもの

今回は、お昼からできた作業と時間。

そして、常時起こっていたのが寝不足時の判断力です。

自己管理能力が低いと言われたらそれまでかもしれませんが、眠れないときもあるので仕方ありません。

・もっと良い過ごし方があったのではないか

と思ったりもしますが、判断力低下状態にあり、良い方向には行かないものです。

こうしてブログにアウトプットすることで、今後は改善したいですね。

 

寝不足でも作業したらいいんじゃない?といったご意見もありそうですが、眠いときに電動工具などを使うとケガをしかねないのでやりません。

違うところに穴をあけてしまったり、ミスも非常に多くなります。

そういった点で疲れているとき、眠いとき、自分の状態を理解して「仕事をするのか?」「仕事をしないのか?」の判断をしています。

 

みなさんも、盲目と仕事をするのではなく、自分の頭で考えて行動しませんか。

関連記事はこちら